Home » 社員ブログ » 日本のキャリアはかじられリンゴの夢を見るか?

日本のキャリアはかじられリンゴの夢を見るか?

category : 社員ブログ 2012.5.10 

社員Mです。
某キャリアさんが、「もうすぐiPhoneを出しますよ」と発表してからしばらく、
今度は社長のプレス向け発言において「現状では厳しい」と一転した内容。

なるほど、もし本当にiPhoneを販売するとなると、ボリュームコミットメントは相当な数になるでしょう。
もし、がんばってボリュームコミットメントを達成したとしても、
国内メーカーからの製品の販売台数も同時に伸ばさねばなりません。
そこまでのシェア拡大は望めるのでしょうか?
あっちを立てたからこっちが立たなくなった、という状態では困るのでしょう。
「厳しい」という発言もうなずけます。

とはいえ、iPhoneは人気製品であり、それを使いたいがためにキャリアを変更する人もいるくらいです。
ユーザーの流出をとどめるための、魅力あるサービスを提供しなければなりません。
現時点では流出数はたいしたことない、と判断しているようですが、はたしてそうでしょうか?

いずれにせよ、「他社では既に販売中だけど、自社では販売しない」という選択は賛否がわかれるところでしょう。

とりあえず私個人としては、iPhoneもいいけど、QWERTYキー搭載のスマートフォンを出してほしいなぁ、と思うのであります。

Sponsored by

Copyright(c) 2017 All Rights Reserved.