Home » 社員ブログ » 冬休み山陰の旅

冬休み山陰の旅

category : 社員ブログ 2013.1.24 

SEのJKです。
今年の年末年始は9連休が取れたので、1/2~1/5の3泊4日で山陰に行ってきました!
いつもの気軽な一人旅なんですが、なんだか最近心寂しいなぁと^^;
出会いを増やしておきたいなぁ・・なんて思ったりで、絶賛彼女募集中です。(ぉぃ

。。えと、そんなわけで、初詣かねて、縁結びの神様で有名な、出雲大社と石見銀山に行ってきました!

(1月2日)
さて、旅の初めは東京駅、今回は「寝台特急サンライズ出雲」に乗って、一路山陰へ向かいます。
東京駅

21時40分頃、列車が入ってきました。最初のお宿はA寝台シングルデラックス。
年始ということもあり、空き部屋があるかな?と思いましたが、満員御礼。
2階の部屋で天井に窓が付いていて、ベッドで寝転がりながらの月と星空が最高でした!
寝台車

(1月3日)
約12時間の乗車、翌朝の10時ちょっとに若干遅れて、終点の出雲市駅に到着。
ここでサンライズ出雲ともお別れ。。。ノシノシ
出雲市到着
バスに乗継ぎ、出雲大社へ。実はこの時まで3が日ということをすっかり気付いてなくて、
参拝客で凄くごった返してました^^;;  
私も、人に交ざって参拝や御神籤などをやってきました。
出雲大社1
えま
今年こそいいことありますように・・・(-人-)
出雲大社を後に、鳥取へ移動したのですが、旅の工程に無理があったのと、悪天候の吹雪で、鳥取見学は断念。
結局、鳥取駅前のホテルで一泊してトンボ帰りする(明日はまた島根)羽目に。。。

(1月4日)
朝7時、鳥取駅発、益田行「特急スーパーまつかぜ」に乗り石見銀山に向かいます。
早朝の鳥取駅
鳥取から最寄りの大田市まで約2時間30分 大田市からバスで30分ぐらいで
石見銀山 バスターミナルに到着。
 観光案内所に着くと、どうやら無料でガイドさんと一緒に回るコースがあるらしく、
ちょうど出発するそうだったので飛入り参加。
銀山というぐらい、半ば険しい山中と想像してましたが、全然、普通の靴で見学できました。
石見銀山1
江戸時代に掘削された、銀山の中の様子↓
石見銀山2
およそ、4時間の散策もあっという間。石見銀山の半分ほどしか見れません
でした。今度は時間をかけてゆっくり見たいな。。。

(1月5日)
玉造温泉の旅館で一泊し、帰りは山陰本線をずっと西へ長門市まで向かい、
美祢線経由、新山口から新幹線に乗って東京へ無駄に大回りして帰ります。

玉造温泉から出雲市まで普通列車、出雲市から益田まで特急で向かいます。
・・・で、この山陰本線、本当は、益田から下関まで行きたかったのですが、
計画の段階であまりの本数の少なさに頭を悩ませられました。
長門市 時刻表
なんと、益田・長門市間の列車が9時の次は14時までありません。
で、来る列車はすさまじい雰囲気を醸し出しています^^;
null

海沿いをトコトコ走り、長門市に到着。美祢線に乗り換えて新幹線乗り換え駅の厚狭に到着。
新幹線
新山口から18時ののぞみに乗って東京に帰りました。
この旅行で充実した鉄分を補給することができました。w

冬の鳥取砂丘は絶景らしいですが、吹雪だし、寒いし、ロクに見られなかったのが残念です。^^;;
春か夏頃ぐらいに、リベンジして行こうかな。。

Sponsored by

Copyright(c) 2017 All Rights Reserved.